~毎日全力!!バンビちゃんとたこ焼きボーイの日常~

こどもの勉強

たこ焼きボーイ バンビちゃん 2年生 5年生

こどもに世話を焼き過ぎる母は卒業のはずが・・・

更新日:

わたしは、

こどもに世話を焼き過ぎるところがあります。

自分でも自覚しています。

母親が、こどもの世話をし過ぎると、

こどもが、

自分で自分のことをしなくなる!!

結果、

母親としての仕事量が増えます。

毎朝、わたしがこどもたちを起こして、

そして、わたしが、

こどもたちの服の準備をします。

前までは、こどもたちが自分でしていたのに、

気付けば、わたしがするようになっていました。

そして、

こどもたちが自分の部屋から、ランドセルを持ってリビングに登場すると、

前日に洗っておいた、

給食で使う、コップと歯ブラシをわたしが給食袋に入れます。

バンビちゃんは、給食袋の準備を忘れることが多いので、

時間によっては、

わたしがバンビちゃんの部屋まで取りに行ったりもします(;´∀`)

こどもたちが、朝食を食べている間に、

水筒の準備をします。

家を出るというときに、水筒の準備を忘れていることに気付いて、

あたふたしてしまうときもあります。

って、わたし、

こどもの世話しすぎていないかい??

完全に自分で自分の首を絞めています(;´∀`)!!

ついついやっていしまうのは、

母親が準備したほうが早いから。

しかし、

早いかもしれませんが、

仕事量は減らず、増える一方で悪循環です。

少しずつ、こどもたちにできることは、

自分でさせよう!!世話焼きは卒業しよう!!

忘れ物したって、なにしたっていいじゃあないか。

失敗して学べ!!

と心に決めた矢先、放課後たこ焼きボーイの担任の、

ベラ先生から、

「お直しで提出してくれた漢字ドリルの返却を忘れていました。

宿題の漢字の書き取りができないので、

明日、学校でさせますね。」

みんなが遊んでいる時間に、宿題をする=たこ焼きボーイがプチパニックになる

→宿題をきたない、やっつけ仕事の字で書かれる

→帰宅後、そのノートを見て、わたしがイライラする

「今から、漢字ドリルを取りに伺います!!」

こどもの世話を焼き過ぎない!!とこころに誓ったのもつかの間、

自転車に乗って小学校へと向かう自分がイヤになりました(;´∀`)

わたしが家を出るとき、たこ焼きボーイとバンビちゃんは、

シレーっとおやつを食べていました。

世話を焼き過ぎる母親の卒業は、初日から落第確定です(;´∀`)

 

ad

ad

ブログランキング

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村 家族ブログ 面白家族へ

-たこ焼きボーイ, バンビちゃん, 2年生, 5年生

Copyright© こどもの勉強 , 2017 AllRights Reserved.