~毎日全力!!バンビちゃんとたこ焼きボーイの日常~

こどもの勉強

バンビちゃん 日記

幼稚園泣きながらの登園~こどもも毎日頑張ってる!!~

投稿日:

4月から、はや2ヶ月、GWウィークも終わり、

新生活に慣れたころでしょうか?

新生活といえば、我が家で思い出深いのは、

幼稚園入園後の、別れ際での、

大号泣(´;ω;`)

入園式のときは、泣かなかったので、油断していました。

バンビちゃんは、わたしが一緒に、公園や地域の子育てセンターに行くときなどは、

まったく泣かず、フラフラ~と一人で行動するのに、

幼稚園や母子分離の習い事となると、

大号泣(´;ω;`)

入園したのは、公立の2年保育の幼稚園でした。

バンビちゃんが年中のころ、たこ焼きボーイは、

2歳前後と、まだ小さかったので、登園時に、バンビちゃんに泣かれると、

おいおい、ちっこいのがもう一人いるのに、

どないすんねん(;´∀`)!!

とこちらは、てんやわんやでした。

そして、バンビちゃんの学年は、泣くお子さんが、少なかったので、

最後の最後まで泣いていたバンビちゃんは、一人

悪目立ち・・・。

まわりの目を気にして、ついつい、強い口調になってしまったこともありました。

↑今となっては、反省

バンビちゃんの同級生の保護者は、ベテランの方が多く、

「お母さんの事が、大好きなのね。

親子で、すごい信頼関係があるのね。」

と、声をかけられると、

「思ってもいないくせに!!」

「いやいや、信頼関係なんかないやろ!!」

とネガティブにとらえず、この人たちが言うなら、

バンビちゃんって、めっちゃわたしの事が好きなんや♪

と、ポジティブに、大号泣を登園前の通過儀礼として、受け入れることができました。

入園後の、授業参観では、

「ずーっと、幼稚園にいて!!」

と、バンビちゃんからリクエストされたので、

参観時間の最初から最後までいました(;´∀`)

参観中にみたものは、

こけても大人の力を借りずに、たくましく生きるこどもたちの姿。

先生の目があるとしても、完璧に目は行き届きません。

トラブルを先生に伝えられるお子さんや、

自分で処理できるお子さんが生き残ります。

めっちゃ、サバイバーやん!!

いままで、お家でマッタ~リと生きてきたバンビちゃんにとっては、

急に毎日が、『ダイ・ハード』です。

そら、泣きたくもなるわ(;´∀`)

それから、時がたち、すーっと、

バンビちゃんは、泣くことなく、幼稚園に通いだしました。

今となっては、いつから泣かなくなったのかも、思い出せません。

いい思い出です( ´∀` )♪

 

 

ad

ad

ブログランキング

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村 家族ブログ 面白家族へ

-バンビちゃん, 日記

Copyright© こどもの勉強 , 2017 AllRights Reserved.