~毎日全力!!バンビちゃんとたこ焼きボーイの日常~

こどもの勉強

たこ焼きボーイ バンビちゃん 勉強 2年生 5年生

大学進学は”当たり前”か?

投稿日:

わたしも、主人も当たり前のようにように、大学に進学しました。

学費も、当たり前のように、親に出してもらっています。

お互いに中学受験をして、その学校を選んだ理由のひとつが、

付属の大学がついているから

大学までついてたら、何かあったときに安泰。

ようは、大学進学への保険です。

当たり前のように大学に進学しましたが、とくに大学で何がやりたい!とかは、ありませんでした。

しかし、友人は、娘さんに、

高校までのお金は出す、卒業あとの進路は自分で決めなさい!!

就職してもよいし、大学や専門学校に進学する場合は、

奨学金や、バイト代で学費を用意しなさいと言っていたそうです。

娘さんは大学進学を希望して、大学の受験料も、高校時代のバイト代で出して、

奨学金も、自分で調べて、高校の成績が優秀だったので、無利子の奨学金を借りているそうです。

すごーい!!ただただ、感心です。

中学受験をして、当たり前のように高校に進学、そして、当たり前のように大学へと、進学した自分が、恥ずかしい(;´∀`)

もちろん、友人の娘さんの話は、

”超”成功パターンです!!

選んだ大学には、学びたい学部があったということなので、

進学の目的も、明確です。

みんながみんな、友人の娘さんみたいになれないのは、百も承知です。

しかし、自分のまわりには、まったくもって、いなかった考え方の家庭です。

大学に内部進学した同級生は、専門学校に行きたいなら、

「大学を卒業してからにして。」といわれて、大学卒業あとに、専門学校に進学しました。

親からすれば、大卒資格を考えての助言だったと思います。

バンビちゃんやたこ焼きボーイに対しては、

義務教育ではない高校や大学に進学するのが当たり前とは、思って欲しくはないなぁと思いますが、いざ、

「高校・大学には行かない!!」

と言われれば、戸惑うと思います。

これが、親の正直な姿だと思います。

高校・大学進学が当たり前になった今だからこそ、親もこどもも、

大学進学は、当たり前でではなく、”数ある選択肢のひとつ”という認識にあらためて、選択肢から、自分にあったものを選ばなくてはいけません。

 

ad

ad

ブログランキング

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村 家族ブログ 面白家族へ

-たこ焼きボーイ, バンビちゃん, 勉強, 2年生, 5年生

Copyright© こどもの勉強 , 2017 AllRights Reserved.