~毎日全力!!バンビちゃんとたこ焼きボーイの日常~

こどもの勉強

バンビちゃん 勉強 5年生

母校の衰退 女子校は生徒集めが大変~勉強もできなくて、かわいくもないってどうなん~

更新日:

中学受験をして、大学までエスカレーターだった両親を持つ小学5年生のバンビちゃんは、

特に通塾もしていないので、中学受験はしない予定ですが、

先日、わたしの母校の女子校の説明会にさりげなく、潜入。

授業体験やクラブ活動の見学をしました(^^♪

毎年、新聞で中学受験の願書の倍率を見ていますが、

我が母校は、

大丈夫か??

というぐらいの不人気レベルになっています。

在校中は母校にまったく思い入れもありませんでしたが、

娘が小学5年生になって中学校が目前となると、

何だかんだで、母校に愛着があったことに気づかされます。

しかし、母校で久々に再会した恩師と話して思ったことは、

この学校は、数年後も存在しているのか??

生徒数はわたしが在学していたときより減っています。

恩師は、

「今は、女子校ってどこも大変やねんで。」

女子校でも、難関大学進学率が高い上位校は安定した人気ですが、

中レベル以下の女子校は苦戦のイメージがあります。

「人数が少なくなったから、決め細やかに指導できる。

昔みたいにのんびりしてなくて、

勉強に力を入れてて補講があるから、

団体でする部活動は、支障が出てきてるねん。」

勉強に力を入れてる( ゚Д゚)!?

って、そもそもいまのレベルやと、

入学時から勉強が苦手なお子さんばかりなんじゃあ(;´∀`)??

「君らがいたときは髪を染めたり、化粧品をしたりと派手なこが多かったけど、

いまは全然いない。」

そら見渡す限り、わたしが在校時にいたキレイで派手なこがいなくて、

地味です!!

勉強もできなくて、かわいくないって、

どうなん・・・??この学校のウリって、

制服と一部の飛び抜けてキレイなこだけちゃうの(;´∀`)!!

↑ちなみに、わたしがこの学校を受験したのも母親が、

この学校に憧れていたからです

誰もこの学校に勉強は、求めてないんじゃあ・・・

ちがう意味で、母校の衰退が心配になりました。

しかし、衰退をしてくれていたおかげで、

「いま入試で落ちるの2人くらいやから、受

けたら受かるで。」

バンビちゃんの公立中学以外の進路(ウルトラC)が確保できました。

説明会に行ったときは、バンビちゃんもお気に召したようなので、

衰退した我が母校でいっか!!行っちゃう♪

テンションが上がっていましたが、いままで、

両親を超えて欲しい!!と思って、

自分たちを反面教師に丁寧に勉強を見てきたのに、

このまま我が母校に進学したら、

今までの努力が水の泡です(;´∀`)

翌日、学校の資料やらパンフレットは捨てて、

視界に入らないようにしました。

しかし、母校への愛着があるのでネットで母校を検索するたびに、

ロクな学校ではないなと思い知らされ、

傷つきます(;´∀`)

ひとまず、我が母校進学は”ウルトラC大作戦”

として保留しておきます。

 

ad

ad

ブログランキング

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村 家族ブログ 面白家族へ

-バンビちゃん, 勉強, 5年生

Copyright© こどもの勉強 , 2018 AllRights Reserved.