~毎日全力!!バンビちゃんとたこ焼きボーイの日常~

こどもの勉強

バンビちゃん ピアノ 5年生

卒業式のピアノ伴奏オーデション~実績が勝敗を分ける?~

投稿日:

卒業式の伴奏オーデションに参加した、

小学5年生のバンビちゃん。

オーデションの結果次第で、

卒業式と6年生を送る会でのピアノの伴奏者を決めます。

6年生を送る会は卒業式の数週間前にあり、全学年が集まり、

6年生に対して、各学年が合唱等々を披露します。

オーデション参加を決めて早2ヶ月。

春にあるピアノの発表会の選曲にも影響が出る程、

卒業式の伴奏オーデションにかけていたバンビちゃん。

ついに、オーデションが行われました。

結果は・・・、

6年生を送る会での伴奏に決定しました!!

帰宅したバンビちゃんから報告を聞いて、

母は、織田信成くん張りの大号泣(´;ω;`)

「よかった~!!」

大号泣の母をよそに、

当のバンビちゃんは不満顔です。

「卒業式の伴奏がしたかった!!」

バンビちゃんの本気(マジ)をそばで歌い見守り続けたので、

悔しい気持ちはわかります(´;ω;`)

でも、伴奏のオーデションはピアノの発表会とは、

またちがいます。

ただ上手いだけでも、ダメなときはダメ!!

基準がはっきりしないのが、

小学校のピアノの伴奏オーデションという認識です。

なので、

オーデションに落とされることを考えたら、

6年生を送る会に引っかかって良かった!!

これが、親の本音です。

「6年生を送る会やったら、全学年の前で演奏ができるから、

卒業式よりいいやん♪」

心から言いましたが、

気落ちしているバンビちゃんは、

「友だちにも同じ事を言われた…。」

と、まったく響かないようです(;´∀`)

卒業式の演奏が決まったお子さんは、

伴奏オーデションの常連でした。

4年生の時に、6年生を送る会での伴奏。

5年生の音楽会でのピアノの伴奏オーデションでは、

緊張のためかテンポが早くなり、結果は、

残念だったそうですが、

今回のオーデションでは、テンポが早くなることなく、

終始落ち着いて弾いていたそうです。

実際に先生から、オーデションの詳細は聞いていないので、はっきりわかりませんが、

今回のオーデション結果は、

実績が加点対象だったのでは??

と思っています。

オリンピックなどのスポーツの代表を決める時にも、選考の基準になることがある、

実績

バンビちゃんの学校でのピアノの実績は、

ゼロ

通っているピアノ教室では、 他の保護者から、

”学年のエース”と言われているバンビちゃんですが、

小学校では、一切ピアノの”ピ”の字を見せたことがなく、

終始、リレー選手に徹していました。

学校の音楽の先生も、突然ポっと出た、

バンビちゃんに未知数だったと思います(;´∀`)

何てったって、歌唱力は破壊的。

悔しい気持ちをバネに、

また音楽会等のピアノの伴奏オーデションに参加するかもと言うバンビちゃん。

次へと繋ぐために、

送る会での伴奏をしっかり務めあげて、

実績を作りましょう!!

ad

ad

ブログランキング

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村 家族ブログ 面白家族へ

-バンビちゃん, ピアノ, 5年生

Copyright© こどもの勉強 , 2018 AllRights Reserved.