~毎日全力!!バンビちゃんとたこ焼きボーイの日常~

こどもの勉強

バンビちゃん ピアノ 5年生

卒業式のピアノ伴奏オーデション~練習方法と受かるために意識したこと①~

投稿日:

卒業式の伴奏オーデションで、卒業式当日ではなく、

卒業式より前に行われる、6年生を送る会での伴奏に決まった小学5年生のバンビちゃん。

オーデションまでに意識したことは、

①とにかく曲を早く仕上げる

ピアノの発表会の曲は、いつも約4ヶ月位で仕上げていますが、

伴奏のオーデションの曲は、冬休み直前にもらい、

オーデションは、2月ごろかな??

という感じだったので、

のんびり構えて、毎日少ししか進める気のないバンビちゃんに、

「もっと、弾いとき。」

「もっと、進めておき。」

とにかく、早く仕上げるように意識させました。

②決まったリズムを意識する

音楽会のオーデションで緊張のあまり、

リズムが早くなり、残念な結果になったお子さんの話を聞いていたので、

リズムはかなり意識しました。

メトロノームを使ったり、バンビちゃんが自主的にスマホで録音したりしていました。

③とにかく演奏を止めない

学校側が困るのは、

途中で演奏が止まること

そう考えていたので、曲が仕上がった頃には、

毎回自宅での練習の時は、

わたしがそばで歌っていました。

バンビちゃんが演奏で詰まっても、

こちらは無視して歌い続けます。

ついでに、楽譜の強弱も意識して歌いました。

近所では、

「また、音痴なおばさんが歌い出したで。」

と、思われていたかもしれませんが、

まったく高い声がでないながらも、

ビジュアルは、ウィーン少年合唱団を意識して歌い続けました( ´∀` )

時には、主人も一緒に歌いました。

わたしたちが歌い終わった後に、

バンビちゃんが、再びピアノを弾き始めました。

主人は、電子ピアノを置いてあるバンビちゃんの部屋を出て、

リビングに戻っていました。

わたしはバンビちゃんの部屋に残り、歌わずに聞いていると、

「歌ってる??なんか声が聞こえる~。」

たしかに、わたしもかすかに歌声が聞こえてきます。

しかし、主人に確認すると、

「歌ってへんで。」

超常現象(ただの人間の身体の神秘)を体験できました。

超常現象に未知との遭遇を感じつつ、バンビちゃんは笑いを堪え切れずに、

笑いながら弾いていました。

~次回へ続く~

 

ad

ad

ブログランキング

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村 家族ブログ 面白家族へ

-バンビちゃん, ピアノ, 5年生

Copyright© こどもの勉強 , 2018 AllRights Reserved.