~毎日全力!!バンビちゃんとたこ焼きボーイの日常~

こどもの勉強

たこ焼きボーイ バンビちゃん 勉強 3年生 6年生

芸能界で頑張るより勉強を頑張る方が手応えアリ?

投稿日:

大阪であった、当日参加・全員面接のスターダストガールズ&ボーイズオーディションに参加しました。

オーディションの順番が近づくと、簡単な自己PR用紙を渡されました。

質問内容(特技・習い事)にフツウに答えるなら、単語だけで済む自己PR用紙です。

就活のエントリーシートと同じで、

この用紙に書き込んだ内容をもとに面接官が話を聞いてきます。

なので、この用紙には、

簡素にまとめずに、アピールポイントをたくさん書くべきでした。

特技の欄に、小学6年生のバンビちゃんは、

タイピングの早打ち

たこ焼きボーイは、

ものまね

と、記入しました。

習い事の記入欄もありました。

ヤフー知恵袋を読んで、面接での質問内容を事前にチエックしていたので、

自宅で特技や趣味の話の面接の練習をしていました。

面接を待っている最中には、歌声が聞こえてきていました。

特技披露中なんやろうなぁ

ギターを持ってきている子もいました。

そんな中でのバンビちゃんの特技、

パソコンのタイピングって、

就活かよ(;´∀`)!!

ちなみに、バンビちゃんは秘書検定3級も持っています。

って、芸能とまったく関係ないやないかい(;´∀`)!!

子育てをしていて、勉強(資格)・就活の意識はしていましたが、

芸能界は特に意識していなかったので、

まったく、芸能の面接で役に立つスキル(ダンスや歌等々)

を持ち合わせていませんでした。

だからの、不合格(;´∀`)??

2人とも二次面接には進めませんでした。

たこ焼きボーイはわたしのものまねをして、面接官の笑いをとれたそうです。

そのものまねは、

「(字は)キレイに書いてくれる??」

消しゴムで消すフリ付き。

かなりのうちわネタです(;´∀`)

今回、オーディションを受けてわかったこと、

芸能界で頑張るより勉強を頑張る方が手応えアリ??

二次に進めていた男の子は、超小顔の高身長でした。

噂のスターダスト顔??

しかし、「この子受かるやろうなぁ。」

と、思ってたお子さんたちですら、二次面接に進めていませんでした。

判断基準とはなんぞや(;´∀`)??

面接内容によれば、ある程度ブサイクには足切りがあります。

ダンスを頑張ったから、歌が上手いからといっても、

受からない可能性があるのが芸能界。

かたや、勉強の場合は、

容姿が悪かろうが良かろうが、勉強さえできれば、

塾には入れるし、合格は勝ち取れます!!

↑もちろん努力が報われない場合もありますが・・・

そう思えば、はっきりとした合格基準がない芸能界を目指すよりも、

勉強の方がなにかと明確なのでは??と、思いました。

ad

ad

ブログランキング

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村 家族ブログ 面白家族へ

-たこ焼きボーイ, バンビちゃん, 勉強, 3年生, 6年生

Copyright© こどもの勉強 , 2018 AllRights Reserved.