~毎日全力!!バンビちゃんとたこ焼きボーイの日常~

こどもの勉強

たこ焼きボーイ バンビちゃん 勉強 3年生 6年生

中学受験をするのはどんなお子さんか?~飛び抜けて賢いか人間的に難ありかの2択~

投稿日:

中学受験をするのは、

飛び抜けて賢いか人間的に難ありか??

の2パターンの人間と思いますが、

飛び抜けて賢いうえに人間的に難ありのスペシャルな方もいらっしゃいます。

このスペシャルパターンは、世間ではなかなか生きにくいのが現実と思われます。

ちなみに、中学受験を経験しているわたしと主人は後者の、

人間的に難ありに分類されます(;´∀`)

わたし自身、リア充の小学6年生のバンビちゃんとはちがい暗黒の小学生時代を過ごしました。

同級生から特に好かれることもなく、中学受験するからといっても特に学校の勉強が飛び抜けてできていたわけではなかったと思います。

自分から中学受験+女子校の進路を希望、念願かない女子校に進学。

進学した女子校があっていたのかな??

小学校では体型のことで男子からからかいの対象になっていたので、男子がいないだけでも心穏やかに過ごせました。

中学では見た目で何かを言われることはありませでした。

そして、今考えると小学校では、

浮いていた(;´∀`)??

塾の友だちとは上手くやっていました。

ということを考えると、

キャラ的に大人だったのかも??

確かに、今もそうですが見た目は安定の老けています。

そんなキャラのまま地元の中学に進学しても、

あまりよろしくなかったと思います!!

そして、公立中学に進学すると高校受験が控えていますが、

内申を考えると、副教科も含めまんべんなく評価を得ないと思うと、

まんべんなく評価得る自信がないので、

中学受験よりも高校受験で大クラッシュしていたと思われます。

中学受験で手を打ったことは、

人間関係や勉強面でもほんとうに人生の選択として間違っていなかったと思います。

バンビちゃんの同級生にも、お節介ながら、

「この子は私立の男子校向きなのになぁ。」や、

「他人に興味がない賢い女子校向きやなぁ。」と思われるお子さんがいます。

一部地域を除いて、公立中学に進学することが世間では当たり前かもしれませんが、

是非に、自分に合った進路を見つけてもらいたいものです。

ad

ad

ブログランキング

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村 家族ブログ 面白家族へ

-たこ焼きボーイ, バンビちゃん, 勉強, 3年生, 6年生

Copyright© こどもの勉強 , 2018 AllRights Reserved.