~毎日全力!!バンビちゃんとたこ焼きボーイの日常~

こどもの勉強

たこ焼きボーイ 勉強 3年生

ピンピンに削った鉛筆を嫌がる小学生~母が鉛筆を削って対抗~

投稿日:

小学3年生のたこ焼きボーイとの毎日の宿題の死闘の中に、

ピンピンに削った鉛筆を使いたくない!!

下敷きを入れなくない!!

というどうでも良さそうですが、宿題の仕上がりに差がつく戦いがあります。

個人的には下敷きを入れて、ピンピンの鉛筆で書く方が書きやすいと思うのですが、

たこ焼きボーイは下敷きをノートに入れて書くと、

書くときに滑りやすくなるようで、下敷きを入れるのを嫌がります。

下敷きを入れないで書くと、次のページに映ったりして、

先生によっては、赤ペンで、

したじきを入れて書こう!!

と、書かれたりします。

そして、鉛筆ピンピン問題ですが、鉛筆がピンピンじゃあないと、

漢字ノートの宿題で横に読み方を書くときに、芯の先が丸くなった鉛筆では、

たこ焼きボーイはただでさえ細いマスに読み方を書くのが苦手なのに、

字の線が太くなって、よけいに読みにくくなり仕上がりが汚いです。

たこ焼きボーイは、学校で使っている筆箱から、

先が丸くなった鉛筆をチョイスして、宿題に取り掛かろうとします。

醜い母と息子の死闘を抑止するために、

たこ焼きボーイが学校から帰宅したら、おやつを食べている間に、

筆箱の鉛筆を全部わたしが削って、

ピンピンに仕上げておきます。

学校でも芯の先が丸くなった鉛筆を好んで使っているようで、6時間授業でも鉛筆は2.3本しか使っていないようです。

そこまでしても、たこ焼きボーイはわたしの目を盗んで、そこらへんに置いてある、

芯の先が丸くなった鉛筆を使います。

それをしだしたら、筆箱の鉛筆だけでなく、

そこら辺に置いてある鉛筆もわたしが削って対抗!!

母と息子の死闘はまだまだつづきそうです(;´∀`)

ad

ad

ブログランキング

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村 家族ブログ 面白家族へ

-たこ焼きボーイ, 勉強, 3年生

Copyright© こどもの勉強 , 2018 AllRights Reserved.