~毎日全力!!バンビちゃんとたこ焼きボーイの日常~

こどもの勉強

たこ焼きボーイ 日記 3年生

こどもが肺炎に 入院生活3日目~「来てくださーい♪」深夜のナースコール〜

更新日:

まさかの肺炎で入院生活3日目でーす。

2日目の昨日は本人の希望で、お昼前から病室に行きました。

たこ焼きボーイに「一人でお泊まりはどうだった??」と、話を聞くと、

「ボタンを押してもなかなかお店の人が来てくれなくて、

オシッコが漏れそうだった。」

お店の人ではなく、看護師さんだよ~(;´∀`)!!

わたしが帰った後、2度ナースコールを押したそうです。

あとの1回は、

「冷蔵庫のお茶を取ってください。」

お手洗いは点滴の都合、1人ではトイレに行けないので、

看護師さんを呼ぶのは致し方ありませんが、

お茶で呼ぶのはやめてあげて(;´∀`)!!

トイレに行きたくて、ナースコールを押してもなかなか看護師さんが来てくれず、

漏れそうだったそうですが・・・。

夜の看護師さんは手薄なんでしょう。

2日目は、抗生剤の点滴の都合、お腹が緩くなり、

昼ごはんあと、トイレが間に合わず、

少しパンツに下痢が付いてしまったたこ焼きボーイ。

そして、お見舞いで来てくれた主人の両親と、

大はしゃぎをした結果か、両親が帰ったあと、

咳が止まらなくなり、嘔吐。

机の上には、たこ焼きボーイが大好きな、

コカコーラが置いてあり、

ベテランナースさんには、

「コーラ飲んでんの??」

不良患者でーす&その母でーす

と言った感じです(;´∀`)

入院2日目には、身体を拭いてもらったり、頭を洗ってもらったりしまhした。

入院時の主治医の先生とも改めてお話しをしましたが、

肺炎の因果関係は不明ですが、

やはり、たこ焼きボーイは喘息のようです。

呼吸器の検査で以前から、呼吸が乱れていても、

「ウソーン、絶対にちがうわ。

たこ焼きボーイ呼吸器の扱いヘタなんちゃうん。」

全く喘息感がなかったので、「親子で喘息ちゃうやろ??」という認識でした。

しかし、今回の肺炎の入院で、

たこ焼きボーイ=喘息

を受け入れなくてはいけません(;´∀`)

主治医の真面目がウリという先生は、

たこ焼きボーイのアレルギーの主治医からわたしたち親子のキャラの話も含め、

引継ぎがされているそうで話をすると、

「小児科医は大人になってもしんどい思いをしないように、

こどものうちにケアすることも仕事のひとつ。」

的なコメントを言われ、心を入れ替えました。

オトナの喘息の姿はかわいくないと、ご主人が喘息をお持ちの方に言われたことがあります。

たこ焼きボーイが喘息で苦しんでいる姿を嫁に白い目で見られないように、

今からケアします( ´∀` )♪

そして、夜に来た主人によって、Wi-Fiが繋がり、

タブレットも持ち込んだたこ焼きボーイ。

現在、たこ焼きボーイの個室には、

DS、昨日、ボタンの修理から任天堂から帰ってきたswitch、タブレット、

申し訳ない程度に置かれた、勉強道具と至れり尽くせりの仕上がりです。

2日目は、下痢ピーや吐いたり、吐いたあと、本人の「あつい、熱を測る。」

という、自己申告で体温を測ると熱が36、4℃から37℃にあがっていたので、

一緒に泊まろうかと思いましたが、看護師さんに笑顔で、

「帰っていただいて大丈夫ですよー。」

と言われたので帰ってきました。

「来てくださーい♪」と、ナースコールをむやみやたらに押さないよう、

前日の反省を生かして、お茶は枕元に置いて来ました。

 

ad

ad

ブログランキング

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村 家族ブログ 面白家族へ

-たこ焼きボーイ, 日記, 3年生

Copyright© こどもの勉強 , 2018 AllRights Reserved.