~毎日全力!!バンビちゃんとたこ焼きボーイの日常~

こどもの勉強

たこ焼きボーイ 日記 1年生

息子の将来の夢~ラーメン屋になりたいなら、ラーメン作ってみろ!~

更新日:

たこ焼きボーイはなぜか、

ラーメン屋さんになりたい!!

と熱い思いを突然ぶちまけました。

今までも、

「ハンバーガー屋さんになりたい。(マクドナルド?)」

「ゲーム屋さんになりたい。(任天堂?)」

と言うてましたが、突然メニュー表までつくって熱い思いを語り出しました。

ちなみにバンビちゃんは、

ドーナツ屋さん(ミスタードーナツ?)になりたいそうです。

幼稚園の頃から言うてます。

当時、食物アレルギーの都合、

卵や牛乳抜きのドーナツしか食べたことがなかったので、

ドーナツを食べたい!!という願望かと思い親としては複雑でした。

バンビちゃんは牛乳アレルギーが最後まで残っていたので、

ミスタードーナツを食べれるようになったのは、

ここ2年位の話です。

ラーメン屋さんになりたいのなら、

鉄は熱いうちに打て!!

ではありませんが、

そんなにラーメン屋さんになりたいなら

ラーメンを作ってみろ!!

と翌日たこ焼きボーイは父親と一緒に買い出しに行きました。

ちなみに、たこ焼きボーイも食物アレルギーがあった都合、

ラーメン屋さんにはほとんど足を踏み入れたことがありません。

買い出しから帰ったあとは、

頭にタオルを巻き、首にもタオルを巻きます。

その姿は某ラーメン屋さんの主人にうりふたつ。

わたしは、

「光GENJIのかーくんみたい!!」

と頭にタオルを巻いたたこ焼きボーイを見てはしゃぎます( ´∀` )

「いらっしゃいませ!!いらっしゃいませ!!」

とテンションが高いたこ焼きボーイ。

鍋にお湯を沸かして、麺を投入。

時間をはかり、ゆで上がった麺の湯切りをしますが、

ラーメン屋の店舗ではないので、台所の床の上で湯切りはできません。

床に台を置いてシンクで湯切りをしますが、

上手くできません(;´∀`)

主人の力をかりて、愛の共同作業です。

そして、スープ作り。

鍋でおゆを沸かしてスープの素を投入。

準備してある器にお玉を使って鍋からスープを入れます。

「こぼすなよ!!」

と主人から忠告されますが、

ドバドバこぼしています。

そして、トッピング。

「お待たせしましたー(^^♪」

「熱い熱い(;´∀`)」

といいながら運んできてくれました。

早速食べると、

あっさり塩ラーメンで美味しかったです。

「美味しいよ♪」

と言うと、

たこ焼きボーイからお金を請求されました(;´∀`)

お断りすると、

「100円でもいいからちょうだい( ´∀` )」

と屈託のない笑顔でいいます。

たぶん、お金も取って完全なラーメン屋さんになり切りたかったんだと思います。

相手が応じないからと言って、金額ををむやみに下げるな!!

将来、やり手社長になるかもしれないたこ焼きボーイにはキチッと忠告しておきました。

ad

ad

ブログランキング

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村 家族ブログ 面白家族へ

-たこ焼きボーイ, 日記, 1年生

Copyright© こどもの勉強 , 2018 AllRights Reserved.