~毎日全力!!バンビちゃんとたこ焼きボーイの日常~

こどもの勉強

バンビちゃん 勉強 4年生

父親お手製 第1回「自由自在」確認テスト

更新日:

小学4年生のバンビちゃんは、主人から参考書の「自由自在 3・4年 算数」を一週間ですすめるめるページを決められ、週末は主人お手製の確認テストをすると言われています。

記念すべき、第一回目のテストの内容は、

第一章 大きな数のしくみ

書かれている数字を漢字に直したり、漢字を数字に直したり、不等号や数直線(定規のように数字が書いており、□の数はいくつという問題)が出てきます。

小学3年生の教科書では、サクッと終わりますが、内容はけっこう難しいです。

大人からすれば簡単な内容でも、こどもは百、千の位までの概念しかないので、びっくりする数字を書いてきます(;゚Д゚)

小学三年生の教科書ガイドで「億」の位は、難しい問題として取り扱われ、1問くらいしかお目にかかりませんが、

そこは、中学受験を視野に入れて作られている「自由自在」はちがいます!!

「億」やら「兆」やらがバンバン出てきます!!

バンビちゃんが自主的に「自由自在」の勉強終わりに毎日ノートに書いている”ふり返り”には、こんなコメントが、

今日は、ちょうのことをまたんだ!!

学校ではならっていなかったから、すこしむずかしかったけど、

ちょうのかきかたがちょっと分かった。

「またんだ」ではなく、正しくは「まなんだ」です(;´∀`)

「ちょう」、「ちょっと」

韻を踏んでんの?

ラップかよ!!とツッコみたくなります(笑)

話はもどりますが、「兆」は学校では習っていません。

いいやん、いいやん「自由自在」をやっている意味あるやん( ´艸`)

主人お手製のテストは、「自由自在」ででた問題の数字をかえたり、そのまま出したり、ひっかけ問題をだしたりと、

手は込んでいました(;´∀`)

ひっかけ問題は主人の性格のワルさがバッチリでている、

一万を1000個ならわかるから、10万を1000個にしたらわかるかな?

という内容を含んだ問題が作られていました。

この問題は「自由自在」にはないそうで、バンビちゃんの応用力をためす問題だったそうですが、

バンビちゃんは、バッチリと主人の罠にかかってくれたようで、

「万が何個って聞いた場合、同じくくりの範囲でしか動かないと思っている、次の億になるという概念がないので無茶苦茶な答えになる、応用力がない!!」

と罠をしかけた主人が語っていました。

バンビちゃん!!お父さんに逆に罠を仕掛けられるくらいに成長しましょう!!

母は陰ながら応援しています(^^♪

ad

ad

ブログランキング

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村 家族ブログ 面白家族へ

-バンビちゃん, 勉強, 4年生

Copyright© こどもの勉強 , 2020 AllRights Reserved.