~毎日全力!!バンビちゃんとたこ焼きボーイの日常~

こどもの勉強

バンビちゃん 日記 5年生

親の財布から勝手にお金をとらないで

投稿日:

小学2年生のたこ焼きボーイと2人で出かける用事があったので、

小学5年生のバンビちゃんは自宅でお留守番をすることになりました。

ちょうどお昼ご飯が絡んでくる時間帯でしたが、

遅めの朝ごはんをバンビちゃんは食べていてので、

「お母さんたちは2時ごろに帰ってくるけど、

お昼ご飯はどうする??何か作って置いていこうか??」

と聞くと、

「お腹すいてないからいい。

お腹が空いたらバナナ食べるし。

それか、なんか買いに行くわ。」

親が出かけている時に、

買い物に出かけて事故にでも遭ったらなぁ

と、思いつつも親が働いている子は休みの時など、自分でスーパーにごはんを買いに行く事を考えたら、

小学5年生になったらごはんくらい買いに行くのは、

別に特別なことではないか♪と、思い家を出ました。

用事がすみ、家に帰ろうとするとバンビちゃんからラインが届きました。

↑バンビちゃんは家族間だけラインをしています

「机にあったお財布から700円もらってスーパーに行こうかと思いましたが、

りんごを食べました。」

何、人の財布から勝手にお金をとっとるねん(# ゚Д゚)!!

自分が子供の時、祖母のお手伝いをしたのでお金をもらう約束をしていましたが、

お金をもらう前に祖母の家にマッサージ師の人が来たので、

施術中にお財布からお駄賃を抜きました。

マッサージ師が帰って、祖母にお駄賃を財布からもらった事を伝えると。

「勝手に人の財布からお金を抜かないでくれる。」

かなり迫力があったので、幼いながらに自分はしてはいけない事をしてしまったと思い、それ以来、

財布=大切な個人の所有物

という印象になったので、主人から、

「僕の財布から、お金を取っといて。」

と軽く言われても、

「自分で出して。」

と、断りを入れます。

なので、バンビちゃんから、

”財布からお金をもらったよ。”とラインが届いた時、

カチーン(# ゚Д゚)!!ときましたが、

そもそも、バンビちゃんがお小遣いを持っていると思い、お金を置いて来なかった私にも非があります。

わたしは食費と雑費の財布を分けているので、その日はたまたま荷物を減らしたくて、雑費の財布をテーブルの上にポーンと置いて来ていました。

重ね重ねわたしに非があります。

たこ焼きボーイの貯金箱からお金を拝借しろよ!!と一瞬思いましたが、

それでは、本末転倒です。

バンビちゃんには冷静に、

”お金を置いて行かなかったお母さんが悪いですが、人の財布から勝手にお金を取らないでください。”

と、ラインを返信しました。

帰ってから、何かの拍子で怒りスイッチが入って、

「そもそも、お腹が空いていないと言うたやろ!!」

と、理不尽な怒りにならないよう。

帰宅後、気持ちをセルフコントロールできた自分を褒めたいです。

財布の管理もセルフコントロールできるように気をつけます。

ad

ad

ブログランキング

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村 家族ブログ 面白家族へ

-バンビちゃん, 日記, 5年生

Copyright© こどもの勉強 , 2018 AllRights Reserved.