~毎日全力!!バンビちゃんとたこ焼きボーイの日常~

こどもの勉強

たこ焼きボーイ バンビちゃん 日記 1年生 4年生

しつけがされていないこどもが苦手

更新日:

わたしは学生時代からこどもが苦手です。

ママ友とのランチ会があったときに、

まだ下が未就園児のお子さんをお持ちのお母さまに、

「今度、

我が家に遊びにきてねぇ、

下の子のお世話もよろしくぅ♪」

と笑顔で言われた時に、

「こどもが苦手なので、

お世話はできません!」

と全力で断りを入れておきました。

そう、

わたしはこどもが苦手です。

時々、

よそのお子さんのお世話を積極的にするお母さまにお会いします。

よその赤ちゃんが泣けば抱いてあやしたりと大活躍されていますが、

こどもが苦手な私からすれば、

よそのこどもをよく抱けるなぁ?

落としたらどない責任とるねん。

といつも心の中で突っ込みます。

そして、

そのお母さまが積極的によそのお子さまをお世話をすることによって、

ご自分のお子さまは拗ねています。

ひとのこどもの世話する暇があれば、

自分のこどもを優先的にみたれよ。

という感じです。

先日、

主人とケンカをしたときに、

「こどものことがキライなんやろ!!」

とバンビちゃんとたこ焼きボーイの目の前でいわれました。

本当にデリカシーのない人です。

全力で、

「バンビちゃんとたこ焼きボーイのことは大好きです。

わたしはこどもがキライなのではなく、

”しつけ”がされていないこどもが苦手です。」

と言い返すと、

「自分のこどももたいがい”しつけ”ができてないわ。」

と言われました。

いやいや、

あんたは父親やろ

あんたは何様やねん。

一番しつけがされていないのは主人だと思います。

主人のことが苦手な理由がわかりました(-_-;)

ad

ad

ブログランキング

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村 家族ブログ 面白家族へ

-たこ焼きボーイ, バンビちゃん, 日記, 1年生, 4年生

Copyright© こどもの勉強 , 2020 AllRights Reserved.