~毎日全力!!バンビちゃんとたこ焼きボーイの日常~

こどもの勉強

勉強

個人懇談の注意点〜反省ポイント〜

投稿日:

前日、小学6年生のたこ焼きボーイのクラスメイトから、

「たこ焼きボーイは、担任の先生から怒られすぎ。」

と言う、アドバイスの元、

今日の個人懇談に臨みました。

パートでも先輩ママに相談して、

「先生、どういうことですか!!」

と言う感じではなく、

先生が、

「何か気になることありますか??」

と聞かれたら、

「最近、家で元気がなくて、

学校に行きたくないと言うんです。

クラスメイトたちから、

『たこ焼きボーイくん怒られすぎ!!』

と聞いているんですけど??」

低姿勢キャラで個人懇談に臨みます。

ズームでの個人懇談が始まり、

お約束の、

「お母さん、何か気になることはありますか??」

低姿勢キャラでぶっ込みます。

それまでは、たこ焼きボーイのことを、

「優しい。」

等々で笑顔で話していた先生の顔色が一瞬にして変わります。

マスク無しでよかった。

やはり、マスクなしは、

表情が読み取れます。

顔色が変わった先生は、

「そういう風に本人や周りが取っているなら、

こちらも態度に気をつけないといけない。」

嘘つき!!

心の中で叫びます。

「ちなみに、いつ頃、

そういう話をしていましたか??

一時期、すごいちゅあいしているじきげあひました。」

い、いつ頃?!

ずーっと、文句を言ってます。

「いつ頃ですかねぇ。」

しまった、ちゃんと時期を把握しておくべきだった!!

毎日では、曖昧です。

そして、形勢逆転になった決定打!!

「お友だちとも上手くやってますよ。」

「本人、友だちいないというんですけど。」

「お母さん、なんでもいうことは信じたらダメですよ!!」

一気に、勘違いオカンにキャラ変です。

たこ焼きボーイの担任、

定年前の元アイドル風の先生ですが、

キャラが掴めません。

ad

ad

ブログランキング

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村 家族ブログ 面白家族へ

-勉強

Copyright© こどもの勉強 , 2021 AllRights Reserved.