~毎日全力!!バンビちゃんとたこ焼きボーイの日常~

こどもの勉強

たこ焼きボーイ バンビちゃん 日記 2年生 5年生

祖父母のこども夫婦へのおせっかいで、孫が必要のないウソをつくことになる

投稿日:

自分がこども時代に嫌だったことのひとつに、

祖母のお節介があります。

こちらからすれば、いらないお節介ですが、

向こうは親切心で、こどものことを思って言ってるので、

タチが悪いです。

祖母がわたしの母親に言って特に、嫌だったことは、

身の丈にあった生活をしろ

お金の使い方は、確かに大事です(;´∀`)

祖母は、なんでも口を出すタイプでした。

わたしの母親は、毒親なので、

毒親の毒親

元祖毒親です。

お節介の結果、中国に旅行に行くとき、

祖母の耳に入ったら、

また小言(あぶない等々)がうるさいという事で、

母は空港から、

「今から、中国に行ってくる。」

と、公衆電話で電話をしていました。

↑公衆電話というのが時代です

主人の両親も、親切心で口を出してきます。

太めの主人とたこ焼きボーイを心配して、

ご飯の食べ過ぎを注意してきます。

我が家のことを、よく外食で食べ放題に行っていると思っているようで、

↑実際は、よく行ってない

我が家では、一足早い忘年会を開催しました、

外食でのしゃぶしゃぶ食べ放題です。

翌日、たこ焼きボーイは、主人の母と会う約束があったので、

主人は、

「夕飯はなに食べたか?と聞かれたら、

『家で鍋をした。』と答えなさい。」

こどもに嘘をつくことを強要。

翌日、案の定、

「夕飯なに食べたの??」

「鍋。」

「嘘でしょ。じゃあ、なに鍋を食べたの??」

↑孫に「嘘でしょ。」って、どういうこと(;´∀`)

「豚。」

帰宅後、おばあちゃんにご飯のことを聞かれたので、

”ウソをついてしまった””としょんぼりする息子にかけた言葉は、

「こどもの家庭のことに口を出すと、

嘘をつかれることになる。だから、

お母さんは、あんたの家庭に口を出さないから。」

↑何年後のはなしやねん

たこ焼きボーイが、ウソをついたことに後ろめたさを感じていることが、

申し訳なくなり、ついついこの言葉が出ました。

主人の実家のサポートは、本当に助かります。

しかし、

必要以上の介入は、孫が嘘をつかないといけなくなるので、

気を付けてください。

ad

ad

ブログランキング

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村 家族ブログ 面白家族へ

-たこ焼きボーイ, バンビちゃん, 日記, 2年生, 5年生

Copyright© こどもの勉強 , 2018 AllRights Reserved.