~毎日全力!!バンビちゃんとたこ焼きボーイの日常~

こどもの勉強

勉強 日記

先生との温度差

投稿日:

たこ焼きボーイと同じクラスのA君。

A君は、教室を脱走しようとしたり、お友達にキツイ口調で感情が爆発してしまったり、手が出てしまったりしますが、普段は、明るく、優しい、お笑い好きのおもしろい男の子です。

お母さまは、すごくおとなしいし方で、人とコミュニケーションをとる事が、すごく苦手という印象の方のです。

卒園式もまじかにせまり、卒園式の練習もあるので、今までみたいに、お友達と遊ぶ時間がないことが、すごくストレスなようで、登園前やおわりの会のあとなど、かなり荒れている印象をうけていました。

この数日間は、たこ焼きボーイを名指しで「あそぼー!!」と誘っていてくれていましたが、

お母さま:「今日は工事の人が来るの。ごめんね。」

とお母さまから、お断りがありました。

その言葉を聞いたとたん、A君は泣いて、手がつけられなくなったので、

わたし:「お家まで一緒に帰ろう!!」

と誘いましたが、公園で遊びたいの一点張りでした、先生も間に入り、

先生:「5分でも、3分でも無理ですか?」

お母さま:「無理なんです。」

わたし、先生、お母さまでなんとかなだめて、その日は終えました。

帰宅後ふと、私がその子に優しくかかわることが、たこ焼きボーイには負担なのでは?と思い始めてきました。

今は、関係も改善されましたが、たこ焼きボーイは年長になって、A君と同じクラスになったとき、すごく不安定になっていました。

年中のときに、A君からぶつかってきたのに、

「たこ焼きボーイのせい!!」

とかなりつめよられたそうです。そのことがあったので、おわりの会の時に席に座らず、歩き回るA君のことがこわかったようです。

わたしが優しくかかわると、自分も優しくかかわらなければと、無理をして付き合うのではと心配になりました。

今日も同じようなことがありました。

A君「あそぼー!!」

たこ焼きボーイ:「今日は遊べないねん。」

たこ焼きボーイはA君が泣いて、暴れだすと、

「やっぱり遊べる!!」

と言いました。

わたしは、A君が泣いて暴れ出したから、自分の意見をかえたことが、たこ焼きボーイにとってよくないと思ったので。

わたし:「一度遊べないと言ったのだから、相手が泣いたという理由で、約束をかえるのはやめなさい。」

と言いいました。

泣いて暴れるA君をなんだかんだで、放っておくわけにはいかないので、

「ごめんね、今日は遊べないの。今後の予定もわからないから、今は次に遊ぶ時のお約束もできないの。」

曖昧な表現ではなく、具体的に説明しました。

わたしの対応が正しかったのか気になり、幼稚園に電話すると、あっけらかんと、

「あの対応で大丈夫ですよー!!お気遣いありがとうございまーす!!」

と言われたので、先生との温度差を感じましたゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ

 

ad

ad

ブログランキング

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村 家族ブログ 面白家族へ

-勉強, 日記

Copyright© こどもの勉強 , 2021 AllRights Reserved.