~毎日全力!!バンビちゃんとたこ焼きボーイの日常~

こどもの勉強

バンビちゃん 勉強 5年生

いじめられっ子の中学受験~逃げたらトラウマが残る~

更新日:

わたしが、中学受験を言い出したのは、自分からでした。

理由は、少女マンガなどを読んで、

女子校

に行きたいと思ったからです。

女子校に行きたいと思った理由は、

男子がいないから

当時、わたしは、男子から体型のことでかなり”心ない言葉”をかけられていました。

文字にして、思い出すのもイヤ(´;ω;`)

学校で、泣くこともシバシバ、泣いたら泣いたで、男子からは、

「泣いたら済むとでも思っているのか!!」

親にも相談できず、あげく、学年は、

学級崩壊中

そして、校区内の公立中学も荒れてると聞けば、

逃げるしかない!!

わたしにとって中学受験は、ただだだ平和への逃避行でした。

めでたく、希望の女子中学に合格して、そのまま高校・大学と10年間男子がいない生活を過ごしました。

私立に進学したからといって、決していじめがないわけではありませんが、

わたしは、10年間平和に過ごせました。

良くも悪くも、再び男性と接したのは、大人男子

男子と言えば、小学生時代の男子で記憶が止まっているわたしにとっては、男子は、

もう”危険因子”ではなくなっていました。

ところがどっこい、現在、わたしは、

小学5年生のバンビちゃんの同級生の男子が、

こわい

なんか言われたらどうしよう・・・。

去年あたり(小学4年)から、心ない言葉を言っていた男子と背格好が似てきました。

バンビちゃんの同級生男子からすれば、わたしのことなど、アウトオブ眼中ですが、

わたしは、ビクビクです。完全にトラウマです。

あれくらいの歳の男子を見ると、「また嫌なことを言われる。」と身体が反応しているのかしら(-_-;)

あのとき言われるがままに、逃げたから、こわいのかなぁ。

解決せずに、逃げたのがよくなかったのかとも思いますが、あのまま逃げてなかったらどうなっていたのかとも思います。

正解は、わかりませんが、逃げてよかったと思いたいです。

ad

ad

ブログランキング

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村 家族ブログ 面白家族へ

-バンビちゃん, 勉強, 5年生

Copyright© こどもの勉強 , 2020 AllRights Reserved.