~毎日全力!!バンビちゃんとたこ焼きボーイの日常~

こどもの勉強

たこ焼きボーイ バンビちゃん 日記 3年生 6年生

小さい子が遊びにきた〜危険がいっぱいの小学生しかいない我が家〜

投稿日:

今週末、

学生時代の友人が小さいこどもを連れて遊びに来ると言うので、

この1週間、

家を片付けなければ、片付けなければ・・・

と、気持ちだけを追い込んだ結果、

かなり甘く仕上がりました(;´∀`)!!

到着まであと数時間、

最後にジダバタしますよ( ´∀` )♪

主人からは、

おもにバンビちゃんとたこ焼きボーイの共同勉強部屋となり、

散らかし放題の和室を片付けるようにと、

前夜にバンビちゃんに命令が下りました。

↑おもにバンビちゃんの勉強道具が散乱

バンビちゃんへの主人のきつい言い方に母であるわたしがカチーンときて、

「別に汚くてもいいから!!

『更年期やから』と言うから!!」

これに応戦した主人は、

「お母さんが片付けなくていいって、

ハジをさらすって!!」

余計にカッチーン(# ゚Д゚)!!

そんな言い方ありますぅ??

バンビちゃんにきつく片付けるように言った主人の心配は、

友人のお子さま方が小さいということ。

主人もわたしも心配のタネです。

現在、我が家には小さいこどもはいません。

なので、小さい子仕立てのお部屋にはなっていません。

危険が一杯です(;´∀`)!!

今は小学3年生のたこ焼きボーイがその昔、

つかまり立ちができるようになった頃、

小学生と幼稚園児のお子さんがいるお家に遊びに行きました。

目に入ったものはなんでも手に取るお年頃のたこ焼きボーイ。

まず、手に取ろうとしたのは、

鉛筆がたくさん突き刺さっている、

鉛筆立て。

自宅では鉛筆は皆無でしたが、

友人宅には手の届く範囲で鉛筆立てが、

おいでぇ~おいでぇ~と、

たこ焼きボーイを呼び込みます(;´∀`)

危ないので、軽い気持ちでたこ焼きボーイから引き離しますが、

目ざといたこ焼きボーイは鉛筆立てを果敢に取ろうとします。

最終的には、

たこ焼きボーイの手の届かない高い位置に鉛筆立て移動。

住環境にジェネレーションギャップを感じました。

遊びに来る友人のお子さんの1人は幼稚園の年小のはず。

もう1人は、いつ生まれたっけ??

1歳??2歳??何歳やろ??

とにかく、小さいことはたしかです(;´∀`)

挙句、上のお子さんのお名前はなんとか思い出しましたが、

下のお子さんの名前は、

??

なんやったっけ、思い出せない。

年賀状を見なくては!!

そんなレベルです(;´∀`)

毒吐きの主人は、

「小さすぎるな、来たらややこしそう。

『もう少し大きくなってから遊びに来てください。』やな。」

と、ウェルカム感ゼロ。

そういうこというなや(;´∀`)!!

たしかに、ややこしそうであることは確かです。

ジュースをこぼされたり、

↑残念ながら、小学生でもする

お皿をひっくり返されたり等々。

なにが起こるか今から戦々恐々です。

友人が遊びに来るので、いつもは日中つけていないクーラーが作動します。

友人が来ている間、主人はクーラーがない自分の部屋に閉じこもるらしいので、

気がづいたら、主人が部屋で倒れているというオチで、

本当にややこしいヤツは主人かもしれません。

ad

ad

ブログランキング

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村 家族ブログ 面白家族へ

-たこ焼きボーイ, バンビちゃん, 日記, 3年生, 6年生

Copyright© こどもの勉強 , 2018 AllRights Reserved.