~毎日全力!!バンビちゃんとたこ焼きボーイの日常~

こどもの勉強

バンビちゃん 日記 6年生

クラスのややこし女子 笑顔がこわい〜あだ名は愛人〜

投稿日:

小学6年生のバンビちゃんのグループに、

夏休み前、おニューなメンバーが加入しました。

泣く子も黙る、ややこしい奴です。

なんで、コイツが同じグループやねん(;´∀`)

個人懇談時に、バンビちゃんが記入したシートに、

仲の良いお友だちとして、このややこしい奴の名前も書かれていた時、思わず、

「なんでこの子の名前が書かれているんですか??

家でキライと言ってましたけど。」

↑直球

「同じグループの〇〇さんが、グループに引き入れたっぽいです。

彼女は大人なので、

幼いバンビさんたちのグループからはすぐに出ていくと思います。」

そう、彼女は、大人なの(;´∀`)!!

昔からよく女子の保護者間で名前が上がる、

ややこしい奴です。

バンビちゃんから話を聞く限り、

どうも、思考が大人すぎて周りがついていけてないのかな??

と、いう感じで、中学くらいになれば、

周りと馴染めるのかな??

とは、勝手に思っていました。

基本、固定の仲の良いグループに属するのではなく、

宙ぶらりんの状態で、グループに空きが出れば、

すかさず、スライドイン!!という感じだったので、

空気を読む力に長けています。

口も達者なので、バンビちゃんにはかねてから、

「あんたじゃあ、太刀打ちできへん。

あの子は、あんたより何枚もウワテやで。」

とは、声をかけていました。

そんなウワテな彼女は夏休みが明けても、

担任の先生の予想に反して、

バンビちゃんたちのグループに留まっています。

ついには、バンビちゃんと放課後遊ぶようにもなりました。

バンビちゃんが学校から帰宅した後、

家の前で、その彼女が待っています。

ちょうど、わたしとたこ焼きボーイはスイミングのバスの時間があるので、

家を出なくてはいけない時間でした。

わたしと彼女の間に、面識はありません。

修学旅行の写真でその姿を見た主人は、

「この子、愛人みたいな子やな。」

小学生で愛人って、どんなやねん(;´∀`)

たしかに、百戦錬磨、修羅場はくぐってきました感はハンパありません。

意を決して、玄関のドアを開けます。

「こんにちはー。」

玄関先の愛人は、笑顔で会釈しますが、

その笑顔が、

チョー、こえぇー(´;ω;`)!!

目の奥が全く笑っていない感じです。

大学生の時、1ヶ月のアメリカ語学研修へ行っとき、

気づけばあだ名が”ボス”になっていたわたしですが、

ボスが愛人に完全敗北です!!

愛人に、「失礼しまーす。」

と、言って、わたしはその場を去って行きました。

愛人と遊んだ後のバンビちゃんはいつも帰宅が5時頃です。

「愛人は習い事があんの??」

「門限が5時やねんて。」

「門限5時というても、お母さんが働いてるから家にはいないやろ。」

「居ないけど、5時には帰らないといけないねんて。」

「てか、愛人の笑顔こわすぎるやろ。」

「あー、わかる。めっちゃこわいよね。」

いやはや、愛人大したものです!!

ちなみにですが、バンビちゃんの前では、

”愛人”とは呼んではいません(;´∀`)

ad

ad

ブログランキング

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村 家族ブログ 面白家族へ

-バンビちゃん, 日記, 6年生

Copyright© こどもの勉強 , 2018 AllRights Reserved.