~毎日全力!!バンビちゃんとたこ焼きボーイの日常~

こどもの勉強

たこ焼きボーイ 勉強 3年生

小学生 漢字テストの準備~宿題の書き取りだけでは足りない~

投稿日:

以前、友人から、

「上の子は漢字テストなんて勉強しなくてもできたのに、

下の子は、漢字テストで全然点数が取れない。

兄弟でこんなにちがうもの??」

と、相談を受けたことがあります。

兄弟でこんなにちがうものです(;´∀`)!!

我が家の小学6年生のバンビちゃんと小学3年生のたこ焼きボーイもこういった関係性です。

バンビちゃんは難なく漢字テストをこなしますが、

たこ焼きボーイはバンビちゃんと同じようにすると大クラッシュです!!

バンビちゃんとちがい、漢字を1回学習しただけでは、

定着率が低い(;´∀`)

この時点でたこ焼きボーイがバンビちゃんと同じような勉強方法では、

漢字の勉強量が足りないと感じていたので、

たこ焼きボーイの場合、

とにかく書く!!

漢字を一字勉強したら、次の漢字に行きますが、

次の漢字にいっても、前の漢字をとにかく書かせます。

勉強時、わたしがすぐに口で漢字を言えるように、

勉強するリビングの食卓の上のテッシュには常に漢字が書かれています。

↑学校のドリル順の漢字

テッシュに書かれた漢字をみて、

「病院の院を書いて、送るって書いて。」

と、いう風にさかのぼって漢字を書かせます。

テッシュの箱の漢字にが付いているものは、

先取りで公文の漢字ドリルで勉強したものです。

先取りしたらしたで忘れるものです(;´∀`)

年明けに受ける漢字検定に備えて、

いつも学年の途中でその学年の漢字は仕上げるので、

次学年の漢字を学年前に先取りするときは、

公文の漢字ドリルのページの順で進みますが、

新学年が始まったら、もらう漢字ドリルの順番に合わせて漢字を進めます。

そして、また長期休みになると、

公文の漢字ドリルの順に戻して進めます。

順番が狂うので、公文の漢字ドリルには、

学校で習ったものには印をつけています。

↑漢字の左のはバンビちゃんの時の印なので、

たこ焼きボーイにはちがう印をつけています。

学校で漢字学習が進むと、

宿題で、漢字ドリルの書き取りが10問あります。

翌日、この範囲で漢字テストがあるときは、

連絡帳でお知らせしてくれます。

テストがあるとわざわざお知らせしてくれるなら、

こちらも漢字テストに向けて準備します!!

わたしが自宅の漢字学習ノートに漢字だけを書けるように漢字ドリルを写します。

宿題で一度書いた後に、これをします。

書けなかった漢字は、また別に書きます。

テスト前日には完璧に仕上げて、

テスト当日の朝、もう一度最終チェックをします。

なので、テストがあると分かると、

わたしは2回分をノートに書き写します。

前日分と当日分です。

当日分を書いていないと朝バタバタします(;´∀`)

手を掛けすぎかもしれませんが、

親としては、最低限、

漢字と計算だけはキチッと学年相応をこなして、

自信を持ってもらいたい!!

からくる配慮です。

ad

ad

ブログランキング

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村 家族ブログ 面白家族へ

-たこ焼きボーイ, 勉強, 3年生

Copyright© こどもの勉強 , 2018 AllRights Reserved.