~毎日全力!!バンビちゃんとたこ焼きボーイの日常~

こどもの勉強

バンビちゃん ピアノ 6年生

ピアノ発表会 親のサポート〜難しい曲になるとページをめくるところがわからない〜

投稿日:

諭吉という賄賂にすぐに飛び乗ったバンビちゃん。

気が変わらないうちに先生に、

”選曲が決まりました。”

とメールを送信しました。

他の候補曲はコピーでもらっていましたが、

弾くことが決まった曲は、本で持ち帰ってきていたので、

”この本を買ったら良いですか??”

とメールをしたところ。

この本は購入をして、持っていた方がいいとのことだったので、

バンビちゃんの気が変わらないうちに購入。

楽器店に事前に電話で在庫を確認して、

本を取り置いてもらいました。

本を受け取りに行ったとき、名前を告げると、

「こずえ先生いらっしゃいました!」

こずえ先生!?のひびきに、

「イヤイヤ、ちがいます。」

ということなく、すんなり受け入れました( ´∀` )

しかし、素人のこずえ先生に現実は厳しいです。

それから数カ月、着実と仕上げに入るバンビちゃん。

現在で6割5分程度だそうです。

残り一カ月、で完璧に持って行かなくては!!

諭吉がかかっています!!

最近のピアノの発表会の曲は、

わたしが横につくことなく、バンビちゃん自身で仕上げています。

そうなる理由の1つとして、

曲の難化があります!!

高校3年生まで習っていたとはいえ、

30分のレッスン中25分間喋っていたわたしです。

家でも練習をせず、最後らへんはJ-POPを弾いていたレベルで、

ピアノ=しゃべりに行っていただけです

そんなオカンは自分の反省を生かして、

バンビちゃんにはレッスン日以外、自宅でピアノをほぼ毎日弾くことを当たり前にさせました。

結果、わたしは2回目のピアノの発表会から、

バンビちゃんの発表会の曲は弾けなくなりました(;´∀`)

その後も、どんどんバンビちゃんに引き離されていきます。

うちはバンビちゃんの部屋に電子ピアノを置いているので、

わたしはふだんはリビングから演奏を聞いていますが、

いつもページをめくるところで手を止めてることに気が付いていたので、

ページをめくるお手伝いー♪と練習しているバンビちゃんの部屋に潜入。

ページに手をかけ、めくる意思を見せます。

最初の弾き始めから、すぐにどこ弾いとんねん(;´∀`)??

バンビちゃんの目線の位置である程度の場所は察知しつつ、

もうめくる頃やろ!!あらまだその辺??

最初の1ページは半ページですが、

どこ弾いとんねん(;´∀`)

「めくらないといけない時、『ハイッ!!っ』て言って。」

足手まといなオカンです。

「ハイッ!!」

バンビちゃんの合図にそそくさとページをめくります。

ピアノの先生ってすごいなぁと改めて実感しました。

ad

ad

ブログランキング

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村 家族ブログ 面白家族へ

-バンビちゃん, ピアノ, 6年生

Copyright© こどもの勉強 , 2020 AllRights Reserved.