~毎日全力!!バンビちゃんとたこ焼きボーイの日常~

こどもの勉強

たこ焼きボーイ バンビちゃん 日記 3年生 6年生

泣ける 四コマ漫画『義母と娘のブルース』〜フードコートで号泣〜

投稿日:

火曜日の夜の定番は、

9時からフジテレビのマンガ原作で吉岡里帆さん主演

シーンによっては、ほぼほぼ朝ドラ『わろてんか』メンバー??

と突っ込んでしまう、

『健康で文化的な最低限度の生活』

からの10時からのTBS『義母と娘のブルース』

を録画するのがいつものパターンです。

録画すると、面白さと期待値では、

『義母と娘のブルース』の方が面白いので、

こちらからみます。

『義母と娘のブルース』のドラマは正直、

第1話は面白くありませんでした。

日本テレビの石原さとみ主演『高嶺の花』のように、

途中で観るのを辞めようかと思いましたが、

なんとなく最後まで観ました。

そして、第2話もなくとなく観て、

第3話でハマりました。

第3話は、泣く子も黙るPTAのお話でしたが、

予定調和で終わることなく、

PTAを無くそうとしていた綾瀬はるかとPTA会長の和解という、

お互い補い合いましょうで終わったところがジーンと来ました。

ほんと、PTAなんかなかったらいいのにと思いますが、

PTAがかげでいろいろ動いてくれていることを今年はバンビちゃんの6年生で学級委員になり、

友人が役員を引き受けていろいろ見て聞くと、

PTAについていろいろ考えさせられます。

改革するのがむすがしいのがPTA

絶対、邪魔する奴がいるのがPTA

親玉の手先がいるのがPTA

第3話では、ほんとそこんとこをうまくまとめていました。

わたしはあらすじを知っていないと嫌なタイプなので、

ネットで四コマが原作ということは知っていました。

四コマって斬新やな。

四コマといえば、りぼんの『ハイスコア』がマイベスト四コマです。

気になって購入しようと、

たまたま、出先の大きな書店で在庫を見ると、

在庫がない。

吉岡さん主演の『健康で文化的な最低限度の生活』は山積みなのに、

『義母と娘のブルース』はない!!

出版社さん、商売っ気がなさすぎやろう(;´∀`)

逆に、近所のショッピングモールの小さな本屋さんには、

上下各三冊ずつありました。

なぜ、この本屋には在庫がある!?

ネット検索でネタバレは知っていましたが、

軽い気持ちでフードコートで読むと、

フードコートで号泣。

バンビちゃんとたこ焼きボーイはそばでマクドのポテトを食べているという、

シュールな絵面です。

わたしは本屋で学生時代バイトしていたので、

汚れ以外の理由でブックカバーをかける人は大嫌いです。

コソコソ読むような本なら買うなや!!

堂々と読みやがれ!!

というスタンスでしたが、わたしも丸くなりました。

ドラマのマンガの原作読んでるとか、

ミーハーかよ(;´∀`)!!と、思われたくないので、

ブックカバーをしてもらいました。

フードコートで号泣していることを考えたら、

ブックカバーをしてもらってて正解かもしれません。

4コマと言いつつ、

コマ割りがほぼマンガ??な斬新な4コマ。

わたしが泣きたい時は、

『探偵ナイトスクープ』のレイテ島からの手紙を観て家で号泣しますが、

このマンガでも泣けます。

 

ad

ad

ブログランキング

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村 家族ブログ 面白家族へ

-たこ焼きボーイ, バンビちゃん, 日記, 3年生, 6年生

Copyright© こどもの勉強 , 2018 AllRights Reserved.